木下レディースクリニック 治療の流れ
治療の流れ
不妊治療の流れ
一般不妊治療
不妊治療のファーストステップです
「タイミング療法」と「人工授精」の2つの治療法があります。患者さまにとって比較的負担の少ない治療法であり、まずはじめに行なう不妊治療になります。
【治療法1】 タイミング療法
一般不妊治療 タイミング療法
  • 【タイミング療法とは】

    タイミング法とは、排卵日の予測をするのが自分では難しい場合に、夫婦生活のタイミングを指導していく治療法です。条件をクリアしており、妊娠を非常に急がなければいけない事情がなければ、もっともお二人にとって負担の少ないタイミング療法からスタートすることができます。生理不順の方、結婚後なかなか妊娠とならない方には、排卵障害が原因の場合もございます。
  • 【こんな二人に適応】

    ・生理不順の方
    ・夫婦生活をいつ取ればいいかわからない方
【治療法2】 人工授精(AIH)
一般不妊治療 人工授精(AIH)
  • 【人工授精(AIH)とは】

    人工授精とは、精子を洗浄濃縮して元気な精子たちを選び、カテーテルを用いて子宮内に注入する治療法です。夫婦生活の場合の精子のスタート地点は腟内ですが、人工授精では子宮の奥になりますので、卵子を目指す旅の距離は、およそ半分になります。
  • 【こんな二人に適応】

    ・運動精子が少ない(乏精子症)
    ・運動精子の割合が低い(精子無力症)
    ・抗精子抗体陽性
    ・性交後検査結果不良症例
    ・適切な性交ができない場合
    ・原因不明で長期治療している場合
高度生殖医療(ART)
長年培った技術と経験で行う治療法です
「体外受精」と「顕微授精」の2つの治療法があります。卵管の状態が良くない(卵管閉塞、卵管水腫や高度卵管周囲癒着など)、精子の数が少ない、人工授精で妊娠に至らなかったなどの理由で、不妊症の約半数のご夫婦がARTの対象となる可能性があります。
【治療法3】 体外受精
高度生殖医療(ART) 体外受精
  • 【体外受精(IVF)とは】

    体外受精とは、採卵により体内から取り出した卵子と精子を体外で受精させる治療方法です。受精操作翌日には正常に受精していることを確認し、最大で7日間の体外培養を行います。順調に成長した受精卵は冷結保存を行います。その後、子宮内を最適な環境に整えて、最も順調に成長した受精卵を選んで子宮内に移植します。タイミング療法や人工授精では、妊娠に至らなかった方が対象となります。
  • 以下が体外受精の一連の流れになります。
    ① 卵巣機能評価
    ② 調節卵巣刺激 
    ③ 採卵 
    ④ 受精 
    ⑤ 凍結・融解 
    ⑥ 胚移植
    ⑦ 妊娠判定 
詳細
卵巣機能評価 AMH

① 卵巣機能評価

ご自身の年齢とAMHで卵巣機能を評価
それぞれの患者様の卵巣機能に合わせたオーダーメイドの治療プランを作成し治療します。

AMHの詳細に関してはこちら
調節卵巣刺

② 調節卵巣刺激

自分の卵巣機能に合わせて注射や飲み薬で卵子を育てていきます。
採卵

③ 採卵

育てた卵子を回収します
採卵を評価する場合、卵巣予備能を評価した上で1回の採卵でどれだけの成熟卵を獲得できるかがポイントになります。 大切な一つずつの卵胞で、卵子の有無を丁寧に確認し次の卵胞への採卵へ移ります。 卵胞の数、年齢に合わせて2種類の採卵方法から選択し実施します。
体外受精

④受精

卵子と精子を採卵当日に受精させます
1 体外受精(媒精) 卵子の周りに精子をふりかけて精子自らの力で受精させます。

顕微受精
2 顕微授精(ICSI) 卵子の細胞質内に直接精子を注入することで受精させる方法です。一人の患者様から採取された卵子であっても、1つ1つ個性がある為、その個性を見極め、卵子にとってベストなICSIを行わなければなりません。

受精成績の詳細に関してはこちら
凍結・融解

⑤凍結・融解

凍結した受精卵を融解して移植できるようにします。
採卵した周期に移植を行うとOHSS(卵巣過剰刺激症候群)を発症する可能性があります。受精卵を凍結して次周期に移植することでOHSSを回避します。

凍結融解後の生存率に関してはこちら
胚移植(全凍結・内膜調整胚移植)

⑥胚移植(全凍結・内膜調整胚移植)

実際に子宮内へ受精卵を戻します
採卵後受精し2細胞から4細胞、8細胞へと順調に発育し良好胚ができればその中の1個を選び、子宮の中に注入する胚移植を行います。移植日時は採卵時にお知らせします。

胚盤胞発生率(良好胚のできる割合)の詳細に関してはこちら
妊娠判定

⑦妊娠判定

ホルモンの濃度を測定し妊娠を判定
体外受精後の妊娠判定日では、尿検査や血液検査によってhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモンの濃度を測定し妊娠を判定します。hCGは妊娠週数が進むにつれて分泌量が増えることが知られており、濃度の濃さが判定のポイントです。ちなみに、市販の妊娠検査薬も、このhCG濃度を検知して判定しています。

当院の妊娠率に関してはこちら
男性不妊
男性の方もお気軽にご相談ください
特に避妊しているわけでもないのに1年以上子供ができない場合は「男性不妊」の可能性があります。
男性不妊の原因は、そのほとんどが元気な精子を作りだすことができない「※無精子症」です。
【治療法4】男性不妊治療
男性不妊治療
  • 【男性不妊治療とは】

    「無精子症」と判断された場合、精子を3つの治療法で回収します。

    ・Conventional TESE(精巣精子回収術)
    精巣から精巣組織をランダムに採取し、その中から精子を回収する方法。閉塞性無精子症で有効です。
    ・MD-TESE(顕微鏡下精巣精子回収術)
    顕微鏡を使用して精巣から精子が作られている精細管を見つけ出しその精細管を採取して精子を回収する方法です。

※無精子症とは
先天的なものもありますが、過度のストレスが影響とされる後天的なものも増加してきているといわれています。
精液検査の結果、射出精液中に精子が存在しない場合には無精子症と診断されます。無精子症は下記のように、2つに分けられます。
●閉塞性無精子症
精巣で精子を作る能力はあっても、精路が詰まり、射出精液中に精子が認められない状態となります。しかし閉塞性無精子症の患者さまは、精巣で精子が作られているため、精巣の精細管や精路となる精巣上体管・精管から、精子回収術により高い確率で精子を採取することがでます。
●非閉塞性無精子症
精巣で精子を作る機能が低下し、射出精液中に精子が認められないものを非閉塞性無精子症といいます。射出精液中には精子は認められなくても、精巣内の精細管の一部でわずかに精子が作られていることがあります。そのため、精子回収術によって精子を回収できる場合があります

※精子回収術の対象となる患者様は、
当院がおすすめする泌尿器科クリニックを受診していただき、そちらで精子回収術を行います。手術当日は、当院の胚培養士が同行し採取した検体をチェックし、当院にて凍結保存させていただきます。奥様の採卵当日に、凍結保存している精子を融解し受精操作を行います。詳細に関しては、当院にお問い合わせください。

TOPへ戻る