月経不順外来
月経異常(生理異常)と受診の目安

月経が不順なのは大丈夫?
心配だけど月経不順外来に行きにくい・・・など考えていませんか?
当院では女性医師がどのような月経があなたに必要なのか指導させていただきます。

受診すべき症状について

(年代によって少しずつ注意すべきことが変わってきます)

● 初潮から3年未満の方
5か月月経がない。
出血がいつ終わるかわからない。
2週間以上の出血がある。
出血は終わったが2週間以内に
また出血が始まる。
かたまりの血や量が多い。
● 15歳~20歳の方
3か月以上月経がない。
月経か不正出血かわからない。
2週間以上の出血がある。
出血は終わったが2週間以内に
また出血が始まる。
かたまりの血や量が多い。
生理痛がひどく生活に支障が出ている。
● 20歳~45歳の方
2か月以上月経がない。
月経か不正出血かわからない。
2週間以上の出血がある。
出血は終わったが2週間以内に
また出血が始まる。
月経期間が3日以内に終わる。
かたまりの血や量が多い。
生理痛がひどく生活に支障が出ている。
● 45歳以上の方
3か月以上月経がない。
月経か不正出血かわからない。
2週間以上の出血がある。
出血は終わったが2週間以内に
また出血が始まる。
かたまりの血や量が多い。
生理痛がひどく生活に支障が出ている。

このような症状がある場合は受診されることをお勧めします。
また、これ以外でも心配なことがある場合は一人で悩まずご相談ください。

検査内容

まず問診をさせていただきその後超音波検査を行います。超音波は内診で行う場合と、内診はせず経腹的に行う場合など状況に合わせて行います。
そのほかホルモン関係や貧血が無いか採血など必要とする検査が追加されます。

また、25歳以上の方には月経不順で心配の先にある将来の妊娠に対して自分の卵子在庫量の目安を把握していただき、
現在や将来に向けての妊娠へサポートさせていただいております。その指標としてAMH(アンチミュ-ラリアンホルモン)を計測されることをお勧めさせていただいています。
採血で測定します。AMH測定は保険適応はないため自費検査で金額8000円となります。

TOPへ戻る